top of page

2016年を振り返る。


こんにちは、久保田有貴(クボタユタカ)です。

今回は大晦日ということで、2016年を振り返ってみたいと思います。

まず1月。

この時期には、これから音楽を一生懸命やっていくことを、初めて両親や親しい友人たちに打ち明けました。

音楽をやっていくことを決めたのは2015年の年末頃だったと思うのですが、「良い歳して今更音楽なんて・・・」という思いも自分の中に少なからずありましたし、何よりそれを人から言われるのが恐くて(笑)、なかなか他人に打ち明けられずにいました。

しかしまあ秘密にするのにも限界があるので、思い切って打ち明けた訳なんですが、ほぼ全員、近しい人達の反応は「うん、いいんじゃない?やってみれば」という、肯定的なものでした。笑

もう少し反対されるものだと思っていたのですが、「納得するまでやり切れ」というのが、大方のリアクションでした。

そのような声に背中を押され、東京に戻った後、色んな弾き語り用のライブハウスを調べてみて、最終的に下北沢LOFTに出演を申し込むことにしました。

下北沢LOFTを選んだ理由は、とにかく歴史のある老舗なので間違いはないだろうし、最近だとシンガーソングライターのmiwaさんを輩出したとのことだったので、勢いがあるに違いないと思ったからですね。

そして出演の許可を頂き、今までバンド(MayDayRay)でやっていた自分の持ち曲を弾き語り用にアレンジしなおす日々が始まりました。

2月。

下北沢LOFTでの初ライブが2/29だったので、2月はとにかくそれに向けた練習をしていました。

で、本番はマイクにハーモニカをぶつけたり、色んなミスが多かったのですが、なんとかやりきることができました。

当時の映像はすぐにYouTubeにアップしたのですが、今自分で観直すととにかく落ち着きや安定感の無い演奏だと思います。。

それでも、自分としては大きな一歩でした。

3月。

この月で大きかったのは、バンドMayDayRayとして制作を進めていたミニアルバム「HOME」を無事に完成させられたことですかね。

レコーディングやミックス作業はもちろん、ジャケットやバックインレイ(CDケーズの裏側に入っている紙)や盤面も、すべて自分たちで手作りでつくりました。

下の方の細かい字も、色んなCDを参考にして自分で書きました。

とにかく、やるからには本格的にみえるものをつくろうと、細部にまでこだわりぬきました。笑

包装も、もちろん手作業。

メンバー4人で集まって、ひとつひとつ包みました。

50枚だけの限定生産。

3/20の母校の卒業ライブイベントで半分近くが売れ、その後もライブ会場でじわじわ売れて、ついこないだの12/28のライブでも買って頂いた分で、現在はほぼ完売の状態です。

とにかく、全ての作業が楽しかったです。

ぼくのソロ活動とは違い、MayDayRayというバンド自体はプロを目指すものではないけれど、このバンドでの活動自体は一生続けていきたいなと思えた経験でした。

ソロのライブとしては3/23にアンコール渋谷に出演させて頂きました。